ホーム > 診療内容 > 予防歯科

予防歯科

予防歯科では、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、それらの病気を予防するための治療を行います。病気になってから治療をしたとしても、失ってしまった歯や歯茎は元には戻りません。だからこそ、しっかり予防していくことが大切なのです。

PMTC

PMTCとは

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医院で専門的に行うお口のケアプログラムのことです。

毎日すみずみまで歯を磨いているつもりでも、歯ブラシの届きにくいところなど、どうしても汚れが残りやすいところが出てきてしまいます。そうしてできたバイオフィルム(歯の表面に強力に付着した細菌のかたまり群)を歯科医や歯科衛生士ら専門家が専用の器具とフッ化物入りペーストを用いて清掃します。

そして、歯の表面や歯と歯茎の境目などにいる悪い細菌を徹底的に取り除きます。

PMTCは今から約30年前、口腔ケア先進地といわれる北欧で提唱・システム化された方法で、現在まで多くのリサーチに裏付けられて着実に臨床実績を挙げています。

PMTCの必要性

なぜ毎日の歯磨きだけでは不十分なのでしょう。

21世紀に入った今もなお、歯科疾患率は引き続き高い数値を示しています。このことは自分でお口の健康を管理し、維持していくことがどれだけ大変かということを示しています。

セルフケアで清掃しにくい場所は、歯と歯の間、歯と歯茎の境目です。また、歯周病になると、歯と歯茎の間に深い溝(ポケット)ができ、その奥にある歯垢や歯石は自分では取り除くことができません。セルフケアとプロフェッショナルケアの二人三脚によって、お口の健康を保つことができるのです。

PMTCの効果

PMTCでは綺麗な歯を保つだけでなく爽快感が得られます。歯の表面がつるつるして、とても気持ちいいですよ。歯垢(プラーク)に含まれる雑菌を落とすことでムシ歯や歯周病予防の効果があります。歯茎に炎症がある場合は腫れや痛みを抑えますし、歯の延命効果も期待できます。またカルシウムの補給を助けて歯質を強くするとともに、汚れを付きにくくします。さらに気になる口臭も緩和されます。

取り除いたバイオフィルムは約3ヶ月で再生されると言われていますので、定期的なPMTCをお勧めしています。

フッ素塗布

医院で歯に高濃度のフッ素を塗布します。 

フッ素を定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯になりにくい歯を育てていきます。

十分な効果を得るためには、年に3~4回のフッ素塗布を行うことが理想です。

フッ素の3つの効果

【1】歯質の強化する

歯のエナメル質を硬くすることで、虫歯の原因菌が作り出す酸に強い歯を作っていきます。

【2】再石灰化作用を助ける

酸で溶けてしまった虫歯になりかけた部分をもとに戻す、唾液の再石灰化作用を助けます。

【3】虫歯原因菌の活動を抑える

虫歯の原因菌の活動を抑えて、歯を溶かす酸が作り出される量を抑制することができます。

唾液検査(サリバテスト)

唾液検査によって、お口の中の細菌の種類や数、唾液の質と量などを調べて、患者様に効果的な虫歯予防法をご提案します。

自分の虫歯に対するリスクを知ることで、自分にあった予防を行っていくことができます。

家庭でできる予防

毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます。

ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取ることが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかりと汚れを除去することが理想です。

ご希望があれば正しいブラッシング方法の指導も行っております。